大阪から東京へ格安航空券でGo!どこの空港でどの航空会社を使うべき?

関西空港

関西の中心都市である大阪や神戸から、首都・東京にビジネスや旅行で行く機会がある人はきっと多いでしょう。新幹線でアクセスすることもできますが、航空運賃が安くなってきている今は飛行機でのアクセスがおすすめです。そこで今回は関西の空港に就航している東京(羽田・成田)行きの便と格安航空券運賃を紹介します。関西には関空・伊丹・神戸と大きな空港が3つありますが、どこが一番いいのか比較してみましょう。

羽田・成田行きの便が就航している関西の空港

関西にある3つの空港(関西・伊丹・神戸)には、東京近郊の2つの空港(羽田・成田)に就航している航空会社がいくつかあります。それぞれの航空会社と便数、所要時間、さらに閑散期平日の最安値運賃を紹介します。

関西空港⇔羽田空港

航空会社名 1日の就航便数 所要時間 最安値運賃
JAL 3本 約1時間20分 約8,000円~
ANA 5本 約1時間10分 約8,000円~
スターフライヤー 5本 約1時間10分 約8,000円~

関西空港⇔成田空港

航空会社名 1日の就航便数 所要時間 最安値運賃
ピーチ 2本 約1時間25分 約4,000円~
ジェットスター 3本 約1時間20分 約4,000円~

伊丹空港⇔羽田空港

航空会社名 1日の就航便数 所要時間 最安値運賃
JAL 11本 約1時間5分 約8,000円~
ANA 7本 約1時間10分 約8,000円~

伊丹空港⇔成田空港

航空会社名 1日の就航便数 所要時間 最安値運賃
JAL 2本 約1時間15分 約8,000円~
ANA 2本 約1時間15分 約8,000円~

神戸空港⇔羽田空港

航空会社名 1日の就航便数 所要時間 最安値運賃
ANA 2本 約1時間10分 約8,000円~
スカイマーク 7本 約1時間10分 約7,000円~

どこの空港を利用するのがおすすめ?

まず羽田空港と成田空港の比較ですが、羽田空港は都心から電車に乗って約30分でアクセスできますが、成田空港は千葉県に位置しているため都心からアクセスすると約1時間はかかります。都心まで出る予定の方は、羽田空港を利用した方が便利といえるでしょう。
ただし、航空運賃だけで見ると成田空港と関西空港に就航しているピーチ航空とジェットスター航空がダントツでお値打ちです。この運賃には受託手荷物料金や座席指定料金が含まれていませんが、とにかく運賃を押さえたいという人にはおすすめといえるでしょう。
羽田⇔関西空港間にもジェットスター航空は就航していますが、便数が少ないため注意が必要です。

また、神戸空港に就航しているスカイマークはLCCではないものの、リーズナブルに運賃を設定しているため、格安航空券を手に入れられるでしょう。便数も非常に充実していて、スケジュールを組みやすいところも魅力です。神戸空港は神戸の中心地から電車に乗れば30分で到着するため、アクセスは良好といえます。搭乗3日前までに購入必須の「いま得」を利用してみてはいかがでしょうか。

新幹線を利用したときの差はどれくらい?

東京駅⇔新大阪駅区間の新幹線運賃・料金は14,450円、東京駅⇔新神戸駅区間の運賃・料金は15,100円です。往復割引を利用したとしても、片道13,000円以上はかかるでしょう。
さらに、新幹線のぞみを利用した場合でも乗車時間は2時間30分近くかかるため、搭乗する時期にもよりますが新幹線は飛行機よりも非効率かつ高額という結論になります。
今後関西から東京に行くことを考えている人は、新幹線よりも飛行機を使った方が賢明といえるでしょう。

まとめ

関西には大きな空港が3つもあるので、どこを利用しようか迷ってしまいそうですね。就航している航空会社はさまざまなので、それぞれを比較してみて考えるようにしましょう。とにかく料金重視という方は、格安航空券サイトの「フライトブック」を利用して航空券を探してみてはいかがでしょうか。あなたのスケジュールに合わせた最適な格安航空券を教えてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする