名古屋から札幌へ!中部国際空港発の格安航空券はどうやって手に入れる?

小樽運河

愛知県常滑市に位置する中部国際空港。名古屋をはじめ、中部地方からのアクセスが良好で、さまざまな路線が就航しています。そんな中部国際空港で北海道にある新千歳空港行きの航空機を利用する場合、どの航空会社がお値打ちなのでしょうか。1日の便数も気になるところです。そこで今回は、新千歳行きの航空会社とお値段を紹介します。

中部国際空港発、新千歳空港行きの航空会社は5社

中部国際空港発、新千歳空港行きの便を就航している会社はJAL・ANA・スカイマーク・エアドゥ・ジェットスター航空の5社です。ここまで充実している空港は珍しいのではないのでしょうか。中部国際空港から新千歳空港まではとても使いやすいといえますね。
気になる便数と運賃は下記の表を参考にしてください。

各航空会社の比較

1日の就航便数 所要時間 普通運賃 割引運賃
JAL 5本 1時間40分 約42,000円 8,000~30,000円
ANA 6本
(内2本はエアドゥ共同運航)
1時間45分 約42,000円 10,000~30,000円
スカイマーク 3本 1時間45分 約22,000円 5,000~20,000円
エアドゥ 2本
(ANA共同運航)
1時間40分 約40,000円 10,000~20,000円
ジェットスター 2本 1時間45分 約7,000円 約4,000円

※運賃は閑散期平日基準です。

JALとANAは1日の就航便数が充実しているので、スケジュールに合った便を選びやすいといえるでしょう。反対に、ジェットスター航空は午後に2便しか就航していないため、ややスケジュールを組みにくいといえます。
普通運賃で見ると大手のJALとANA、そしてエアドゥはほとんど変わりません。
また、割引運賃はほとんどの航空会社でかなりの開きがあります。割引運賃は予約時期によって異なるもので、早い時期に予約していればいるほど、割引率は上がります。10,000円以下で購入できる会社も多いので、比較してみてはいかがでしょうか。
その中でもジェットスター航空は前日に予約しても、5,000円程度で購入できる場合もあるので大変お得です。ただし、ジェットスター航空運賃には、受託手荷物料金は含まれていません。オプションを希望する方は追加料金を支払いましょう。

中部国際空港へのアクセス方法

中部国際空港へのアクセス方法を紹介します。

名古屋・金山駅

愛知県の中心地・名古屋駅からアクセスする場合は、中部国際空港行きの名鉄電車に乗りましょう。特急「ミュースカイ」を使えば、運賃と特急料金で1,230円、約30分で空港に到着します。ミュースカイは金山駅や神宮前駅も経由しています。

豊橋駅

愛知県の東端・豊橋駅からアクセスする場合は、名鉄で神宮前駅まで出て、その後中部国際空港行きの名鉄電車に乗り換えます。豊橋から中部国際空港までは約90分かかるので、時間に余裕を持って行動しましょう。運賃は約1,630円です。

豊田駅

豊田駅から中部国際空港にアクセスする際には、電車よりも空港バスを利用することをおすすめします。トヨタ本社や三河豊田駅前から出発していて、約80分で到着できます。30分から1時間に1本の間隔で出ているので便利です。運賃は1,540円です。

新千歳空港から各地へのアクセス方法

新千歳空港に到着したら目的地まで移動しましょう。

札幌駅

新千歳空港から札幌駅まで行くときには、JRまたは空港バスでアクセスできます。JRを利用する際には、千歳線を利用すれば約40分で到着します。運賃は1,070円です。バスを利用した場合の運賃は1,030円なのでさほど変わりません。

小樽駅

新千歳空港駅からJR快速エアポートを利用すると、小樽駅には乗り換えなしで到着します。所要時間は約1時間15分、運賃は1,780円です。

旭川駅

旭川駅に出たい場合は、新千歳空港から一旦札幌まで出て、そこからJR特急カムイへ乗り換えましょう。約1時間30分で到着します。運賃・特別料金は4,290円です。

まとめ

中部国際空港から新千歳空港行きの航空会社は5社もあるので、どれが一番いいのかわからなくなりそうですね。運賃やスケジュールに合わせてベストな航空会社を選びましょう。
航空会社各サイトを見比べることを面倒と考えている人は、「フライトブック」を利用してみてはいかがでしょうか。各社の航空運賃を一括検索できますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする