格安航空券をご紹介♪ジェットスターで行く成田空港から宮崎空港までの旅!

宮崎 高千穂峡 真名井の滝

これまで国際線のイメージが強かった成田空港ですが、LCCのジェットスター航空を利用すれば、国内各地へ行くことができますよ。九州南部にある宮崎空港へもアクセス可能です。
宮崎県は南国の雰囲気漂う素敵な街。次の休暇には九州に行きたいと考えている人には宮崎県がおすすめですよ。今回はジェットスター航空を利用した場合のフライト情報と格安航空券の購入方法を紹介します。

成田空港から宮崎空港までの航空機は1日1本!

2018年2月現在、ジェットスター航空は、成田空港発宮崎空港行きの便を1日1本就航しています。復路も同様です。往路便は11時台に出発するので、少々遠方に住んでいる方も間に合わせることができるでしょう。
復路便は14時台発で、成田空港には16時に着くため、遅すぎるということもなく、公共交通機関を利用して帰宅することができます。

方面と便名 出発時刻 到着時刻 所要時間
成田→宮崎(GK633) 11:30 13:40 2時間10分
宮崎→成田(GK634) 14:20 16:00 1時間40分

フライトブック設定運賃

成田空港~宮崎空港間の航空運賃は、閑散期平日運賃で約7,000~10,000円。往路は週末、復路は日・月曜日に高額になる傾向があります。
この運賃は「Starter」と呼ばれる基本運賃で、最もお値打ちなクラスですが、受託手荷物が有料となったり、座席指定ができなかったりします。取消時の払い戻しもできませんのでご注意下さい。

成田空港までのアクセス方法

成田空港のジェットスター航空は、第3旅客ターミナル2階、国内線チェックインカウンターDに位置しています。鉄道駅のある第2ターミナルとは約500m離れているので、時間に余裕を持ってアクセスしましょう。

東京駅

東京駅から成田空港駅までは直通の成田エクスプレスが走っています。運賃は特急料金込みで3,020円、約50分でアクセスできるところが魅力です。また直通バスもあり、約1時間程度で到着します。運賃は3,100円です。

品川駅

品川駅から成田空港駅までは直通の成田エクスプレスが走っています。3,190円で約60分かければアクセスできるところが魅力です。また直通バスもあり、約1時間で到着できます。運賃は3,100円です。

新宿駅

新宿駅までも成田エクスプレスで直接アクセスできます。約70分と少し時間がかかりますが、品川駅同様3,190円の運賃です。高速バスを利用すれば約80分で到着します。運賃は3,100円です。

宮崎空港からのアクセス方法

宮崎空港に到着したら、公共交通機関やレンタカーを利用して目的地に移動しましょう。主要スポットへのアクセス方法をこちらでは紹介します。

JR宮崎駅

宮崎県の中心地であるJR宮崎駅へは電車でもバスでもアクセス可能です。車では約20分かかりますが、電車を使えば約10分(運賃350円)で到着します。バスを利用した場合は約30分(運賃440円)かかります。

延岡市

宮崎県北部に位置する延岡市は、工業都市として栄えています。宮崎空港からアクセスする際は、特急電車を利用して約1時間10分(運賃1,770円)でアクセスできます。高速バス「ひむか」の場合は約2時間(運賃1,500円)かかるので、電車を利用した方がいいでしょう。

高千穂

宮崎県を代表する観光スポット・高千穂峡は西臼杵郡に位置しています。宮崎空港からアクセスする際には、一旦延岡駅まで出てそこから高速バス「ひむか」に乗り換えましょう。約3時間30分(運賃1,790円)とかなりの時間がかかりますが、人気の高いスポットなのでぜひ見ておきたいものです。

えびの高原

えびの高原も宮崎県の有名な観光スポットです。宮崎空港から一旦宮崎駅に出て、えびの駅行きの電車に乗る方法もありますが、2時間程度かかります。
宮崎空港から出ている高速バスに乗れば約1時間30分で到着するので、えびの高原に行く場合はバスを利用した方がいいでしょう。

まとめ

宮崎県にはおいしいものがたくさんあり、観光スポットも充実しているので、旅行先としておすすめです。成田空港からぐっとお値打ちにアクセスできるようになったことで、今後は人気が高まっていくと予想されます。
もし、他の航空会社と運賃を比較してみたい、ということであれば「フライトブック」を利用してみてはいかがでしょうか。お値打ちな航空券を一括検索で見つけられるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする