航空機の直前予約はジェットスター。格安に航空券をゲットできるかも!

オーストラリアに本社を構えるジェットスター航空は、2018年現在日本国内の空港に多数就航しています。
LCCであるジェットスター航空は、大手航空会社に比べてとてもリーズナブル!
しかも、直前予約もOKなのですよ。
今回はジェットスター航空の就航路線や、格安に航空券をゲットできる方法を紹介します。

ジェットスター航空の就航路線

2018年1月現在、日本国内の12の空港にジェットスター航空が就航しています。
その中でも就航路線が多いのは、東京(成田国際空港)、大阪(関西国際空港)、名古屋(中部国際空港)の3空港です。
それぞれの就航路線をまとめてみました。

空港名 行先 1日の就航便数
成田国際空港 札幌(新千歳空港)
大阪(関西国際空港)
高松
松山
福岡
大分
熊本
宮崎
鹿児島
那覇
3~8本
3~4本
1~2本
2~3本
3~7本
1本
1~2本
1本
3本(運休日アリ)
3本
関西国際空港 札幌(新千歳空港)
東京(成田国際空港)
福岡
那覇
2~3本
3本
1本
1~2本
中部国際空港 札幌(新千歳空港)
福岡
鹿児島
那覇
2本(運休日アリ)
2本
2本
1本

成田国際空港からは、大都市はもちろん、さまざまな地方都市に就航しているようですね。
関西・中部いずれの空港にも札幌や福岡、那覇行きの便が就航しているので、旅行や出張に利用できるでしょう。

ジェットスター航空の普通運賃はどのくらい?

例えば、成田国際空港発札幌着の航空運賃を調べてみると、JAL・ANAの場合、普通運賃は35,000~38,000円程度。
ジェットスター航空で調べてみると、なんと4,000~6,000円程度で購入できることがわかりました。
これは衝撃のお値段といえるでしょう!
希望の都市に就航しているのであれば、ジェットスター航空が断然おすすめです。

直前予約でも格安なジェットスター航空

一般的に搭乗日が近づくほど、航空運賃は上昇する傾向にあります。
しかし、ジェットスター航空は出発前日の予約でも、座席に空きがあれば格安に購入できます。
通常期で翌日出発の航空券を調べてみると、成田国際空港発札幌着の場合、約5,000円で購入できるようです。
直前でも割高になることはなさそうですね。

セールで格安航空券をゲットしよう!

元々格安なジェットスター航空ですが、キャンペーンでさらにお得な航空券がゲットできます。
例えば先のスケジュールの航空券の先行販売を利用すれば、半年以上先のフライトが約3,000円から購入できます。
航空券のセールは不定期なので、常にチェックしておく必要がありますが、メール登録すると情報をいち早くゲットできますよ。

ジェットスター航空のこんなところに注意!

ジェットスター航空はとてもお値打ちですが、いくつかのデメリットもあります。
例えば、航空券種によっては、機内に荷物を預ける際に料金が発生します。
特に復路の場合、お土産を購入して、受託手荷物料金が発生するようになってしまったなんてことがないように気を付けましょう。
また、券種によっては座席指定に料金が発生するので、予約時には確認することをおすすめします。

まとめ

ジェットスター航空はLCCの中でもかなり格安であることがわかりました。
札幌や沖縄など人気の観光地まで就航しているので、旅行を気軽に楽しむことができそうですね。
航空券の料金を比べてみたいときは、フライトブックを利用してみてはいかがでしょうか。
ジェットスター航空のお得な航空券が一目でわかりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする