JALの株主優待券運賃はやっぱりお得だった!?色々検証してみました!

JAL,日本航空,離陸

JALの航空券を正規運賃で購入していませんか?JALには株主優待券運賃制度があり、ぐっとお値打ちに購入できるのですよ。株主優待券は株式を購入しなければいけないと考えている方もいますが、それは間違い。フライトブックでは株主優待券を事前に仕入れており、お客様にリーズナブルな株主優待運賃をご提供しております。今回はJALの株主優待券の概要と、運賃の比較を紹介します。LCCには負けないくらいお値打ちに空の旅を楽しみましょう。

片道普通運賃と株主優待運賃の比較

片道普通運賃と株主優待運賃でどの程度の差があるのでしょうか。人気の路線を例に紹介します。

羽田空港発の場合

行先 閑散期大人普通運賃
(閑散期株主優待運賃)
繁忙期大人普通運賃
(繁忙期株主優待運賃)
新千歳空港(札幌) 約37,000円
(約19,000円)
約40,000円
(約20,000円)
福岡空港 約41,000円
(約21,000円)
約44,000円
(約22,000円)
那覇空港(沖縄) 約48,000円
(約24,000円)
約45,000円
(約22,000円)

大阪(伊丹)空港発の場合

行先 閑散期大人普通運賃
(閑散期株主優待運賃)
繁忙期大人普通運賃
(繁忙期株主優待運賃)
新千歳空港(札幌) 約46,000円
(約23,000円)
約48,000円
(約24,000円)
那覇空港(沖縄) 約38,000円
(約19,000円)
約40,000円
(約20,000円)

福岡空港発の場合

行先 閑散期大人普通運賃
(閑散期株主優待運賃)
繁忙期大人普通運賃
(繁忙期株主優待運賃)
新千歳空港(札幌) 約57,000円
(約28,000円)
約60,000円
(約30,000円)
那覇空港(沖縄) 約30,000円
(約15,000円)
約33,000円
(約17,000円)

※上記株主優待運賃に、フライトブックが用意した株主優待券(約4,000~6,000円)の仕入れ額を含めた金額が販売額となります。

閑散期と繁忙期の差はさほどありませんが、それでも半額になるというのはうれしいですね。

JAL株主優待券の概要と購入方法

JAL株主優待券1枚につき、片道普通運賃の半額の運賃で国内営業全路線に搭乗することができます。閑散期・繁忙期は関係なく、株主用の座席に空きがあれば、ゴールデンウイークや年末年始、夏休みなどの繁忙期でも利用できます。
有効期間内であれば予約変更可能で、融通が利くという点も魅力といえるでしょう。
もちろん小児運賃が適用される3歳から12歳未満のお子様にも利用できる為、株主優待券を利用した場合は小児運賃(大人普通運賃の半額)から更に半額でお手配が可能です。

自分が株主となって株主優待券を1枚得るためには、権利日までにJALの株式を最低100株以上購入する必要があります。2018年3月現在JALの1株当たりの単価は4,200円程度。
100株取得するには40万円以上の費用がかかるので、少しハードルが高いようですね。往復分の株主優待券を得るためにはさらに倍の費用が必要です。

しかし、諦める必要はありません。フライトブックでは株主優待券をご用意しているのでぜひ株主優待運賃を購入してみましょう。株主優待券の値段は仕入れ時期によっても異なりますが、約4,000~6,000円程度。購入費用がかかっても、なお株主優待運賃の方がお得な様子です。

JAL株主優待券を使うメリット

株主優待券の購入費用がかかるとしても、なお株主優待運賃の方がお値打ちであることがわかりましたね。
JAL株主優待運賃のメリットはお値段だけではありません。購入から90日以内であれば予約変更が可能であるです。ただし、変更した出発日によっては差額が必要となるので注意しましょう。変更はJALの公式サイトから行えますが、同一区間への変更しかできない点にも注意が必要です。
リーズナブルな航空運賃といえば、LCCが有名ですが、融通が利きにくく、予約の変更や払戻しが一切できないことも少なくはありません。
スケジュールが不安定な方は、LCCよりもJALの株主優待券を利用した方が、リーズナブルに済むのかもしれませんね。

まとめ

これまで株主ではないから株主優待券とは無縁だと思っていた人も、利用してみたいという気持ちになったのではないのでしょうか。お値打ちなだけではなく、スケジュールに融通の利く株主優待券は、忙しい人にぴったり。今後利用を考えている人は、フライトブックからお値段をチェックしてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする