羽田から福岡への旅!安く行くなら飛行機移動が断然お得!

福岡 もつ鍋

福岡に行くなら、片道5時間かかる新幹線より2時間弱でついてしまう飛行機が楽でいいですよね。
飛行機は割高なイメージですが、実は新幹線よりも安く手配ができます。
今回は羽田~福岡間の航空券を安くゲットする方法をお教えします。

羽田から福岡に行く航空会社はどこがあるの?

羽田空港と言えば国内屈指の主要空港という事もあり様々な航空会社が往来しているイメージがありますが、その中で羽田から福岡に行く飛行機は現在、JAL(日本航空)・ANA(全日空)・スターフライヤー・スカイマークの4社が運航してます。

航空会社によって何か違いはあるの?

正直なところ上記4社で大きな違いは無いですが、細かな違いで言うと、・機内サービスの飲み物がスカイマークはコーヒーのみ無料提供だが、他3社はスープ・コーヒー・ソフトドリンクが無料。
・シートピッチがスターフライヤーのみ他3社より10cm程広い。
と言っても羽田から福岡のフライト時間は約2時間。これぐらいの違いなら多少は我慢できますよね。
やはり気になるのは料金設定だと思います。
次はその料金について説明していきます。

運賃の種類(片道・往復・特割等の割引運賃)

料金は大きく分けて、当日まで手配ができる変更可能な普通片道運賃や往復割引運賃(スカイマーク除く)と1日前まで手配ができる変更不可の特割や旅割と言った割引運賃があります。

いろんな料金設定があるけど結局何がいいの?

最安値一覧表 最安値 種別 予約期間
JAL 10,090円~ 旅割75 75日前
ANA 10,090円~ ウルトラ先得 75日前
スターフライヤー 9,790円~ そら旅80 80日前
スカイマーク 8,790円~ いま得 3日前

仕事の都合などで急なフライト変更の可能性がある方は変更可能な普通運賃がいいですが、正規の片道料金となると正直新幹線より高くなります!
そんなあなたにはJAL・ANAの株主優待割引適用の運賃がおすすめです。
料金は片道の普通運賃から半額+株主優待券(4,000~6,000円程)となります。
出張や旅行のお日にちが確定している場合は、変更不可にはなりますが断然特割などの割引運賃がお得。
航空会社によって料金設定は異なりますが、特にスカイマークは前日~数か月先の日程でも10,000円を切る場合も!
ただ、いつでも割引運賃が安い訳ではありません。
連休や年末年始などは帰省や旅行で利用する方が多い為、航空会社も設定価格を上げております。
手配した料金によって航空会社の質やサービスが変わる訳ではありません!
あなたが行きたい時期と相場・料金をしっかり見極めて賢くお得に予約をしましょう!

割引運賃の注意点

急な事情によりどうしても行けなくなったりする場合もあると思いますが、安く手配している分取り消しをした際にはキャンセル料金も発生します。
キャンセル料は基本的に必ず必要な払戻し手数料(400~600円)と、手配した割引運賃ごとの取消手数料(500円~全額)がかかります。
「手配してまだ1日しか経ってないし~」は通用しません!
支払いを完了した時点でキャンセル料の対象なのでお気をつけください。

予約について

航空券は様々な航空会社・割引料金を比較し、いかに安く手配出来るかがポイントになります。
もちろん航空会社ごとのホームページで一軒一軒調べてもいいのですが、時間と労力がかかります。
「格安航空券のフライトブック」は大手航空会社からLCC(格安航空会社)まで、日本国内全路線の航空券運賃を簡単に検索・一括比較・予約まで出来る為、大変便利です。
みなさんの旅のお手伝いに是非ご利用下さい♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする