国内線の飛行機に預けられる受託手荷物とは?スポーツ用品やペットはOK?

受託手荷物

国内線を利用するとき、スーツケースや旅行鞄を航空会社カウンターで預ける人は多いでしょう。そのときに預けられる手荷物のサイズや重さ、また預けられないものを把握しておく必要があります。今回は航空会社別に受託手荷物量や規定を紹介します。荷造りをする前にぜひチェックしてみてください。

航空会社別!受託手荷物のサイズ

受託できる手荷物のサイズや重量は航空会社によって微妙に異なります。利用する航空会社に合わせて違いを確認しておきましょう。

大手航空会社の受託手荷物規定

JAL ANA
サイズ 縦50×横60×高さ120㎝以内 3辺の合計が203㎝以下
重量 普通席は20㎏まで
個数 規定のサイズ・重量以下であれば制限なし

その他航空会社の機内手荷物規定

航空会社 サイズ 重量 個数
スカイマーク 50×60×120㎝以内 20㎏ 規定のサイズ・重量

以下であれば制限なし
ピーチ 3辺の合計が203㎝以下 20㎏
バニラエア 3辺の合計が203㎝以下

かつ1辺120㎝以下
20㎏
ジェットスター 1辺の長さが1m以下 40㎏

(1つ32㎏以下)
ソラシドエア 3辺の合計が203㎝以下 20㎏

スカイマークとソラシドエアは格安航空会社ではなく、航空運賃に受託手荷物料金が含まれていますが、ピーチ・バニラエア・ジェットスターは格安航空会社で、最もお値打ちなプランで予約した場合、受託手荷物が有料となります。受託荷物料金は下記の通りです。
当日空港カウンターで支払えば手荷物は預けられますが、割高になる可能性があります。支払いの手間もかかるため、航空券を予約する段階で受託手荷物をどうするか考えておきましょう。

航空会社 基本運賃 受託手荷物込の運賃 当日空港で預ける場合の料金
ピーチ 約5,000円 約8,000円 1,200~2,800円
バニラエア 約5,000円 約8,000円 2,000~4,000円
ジェットスター 約4,000円 約6,000円 2,600~3,000円

※運賃については成田~関西空港間・平日・閑散期を基準にしています。

機内に預けられない手荷物とは

航空機の手荷物制限には、機内持ち込み〇受託手荷物×のもの、機内持ち込み×で受託手荷物は〇のもの、そして機内持ち込み・受託手荷物ともに×のものです。どのように違うのか、表を使って確認しましょう。

品目(種類)
機内持ち込み・受託ともに× ・引火性・毒ガス性を使用したスプレー
(キャンプ用ガス・カセットコンロ用ガス・スポーツ用・
殺虫剤など)
・液体物(ペイント類・漂白剤・毒物・ライター用燃料)
・火薬を使用したもの(花火・クラッカー)
機内持ち込み〇・受託× ・バッテリー
(モバイルバッテリー・リチウムイオン電池・電子タバコ・
リチウム金属電池・液体バッテリー)
・ライター(ライター・マッチ類)
・発熱するもの(ヘアアイロン・水中ライト)
機内持ち込み×・受託〇 ・ナイフ・ハサミ類
・先の尖ったもの・バット類
・工具類

誤解されがちな以下の品目は、機内持ち込み手荷物にも受託手荷物にもすることができます。

品目 機内持ち込み・受託手荷物いずれもOK
化粧品類 ヘアケア・スキンケア・シェービングフォーム・入浴剤・マウスケア・
香水・洗剤・制汗スプレー・洗浄液・消臭剤
医薬品・医薬部外品 消炎鎮痛剤・虫刺され・かゆみ止め薬・虫よけ・殺菌・消毒剤
液体類 アルコール(※既定あり)・楽器用オイル
電池・バッテリー 乾電池・ニッケル水素電池・ニカド電池・リチウム金属電池(含有
量8g以下の携帯用医療電子機器)・一部燃料電池・液体バッテリー
その他 医療用酸素ボンベ・ガスシリンダー・車いす用ガススプリング、キ
ャンプ用カセットコンロ・電池式以外のヘアアイロンと半田ごて
・電球や蛍光灯など

アルコールについては、アルコール度数が24%以下のものは持ち込み・受託手荷物可能、アルコール度数が24~70%のものはひとり5リットル以下まで持ち込み・受託可能です。
70%を超えるものはいずれもできません。必ず小売販売されている容器に入れてパッキングするようにしましょう。

スポーツ用品とペットは受託手荷物にできるの?

ゴルフクラブやサーフボードなどは大手航空会社の場合は、受託手荷物に入れることができます。ただし、受託手荷物の規定量を超えてしまう場合は超過料金が発生するので気を付けましょう。スカイマークも大手航空会社とほぼ同様ですが、長さは280㎝以内と決められています。
格安航空会社にスポーツ用品を預ける場合、基本的に追加料金が発生します。特にピーチ航空はスポーツ用品ごとに預けられる荷物のサイズや個数が細かく決められているので、必ず公式サイトから確認するようにしましょう。

まとめ

受託手荷物は持ち込み手荷物よりも規定が細かいので、荷造りするときには各航空会社の公式サイトをチェックしておきたいものです。事前確認しておくことで、旅行当日に空港であわてることもなくなるでしょう。
航空券の予約にはさまざまな航空会社の格安航空券を比較できるフライトブックがおすすめです。これから旅行や出張の計画がある人は利用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする