国内線の飛行機に持ち込める手荷物はどれくらい?大手・格安航空会社で徹底比較!

機内持ち込み手荷物

国内線を利用するとき、航空機内に持ち込める手荷物量は航空会社によって異なります。また、機内に持ち込めないものも決まっているので、荷造りをするときにはよく考えたいものですね。今回は国内線機内手荷物の制限と機内の手荷物収容ルールを紹介します。国内線手荷物のルールはこれを読めばほぼ完ぺきに理解できるでしょう。

航空会社別!機内持ち込み手荷物のサイズ

機内に持ち込める手荷物のサイズは、航空会社によって異なります。また大手航空会社のJALANAは機体の大きさによっても持ち込める量が違うのでたくさん持ち込みたいと考えている人は注意が必要です。
個数はどの会社でも共通して身の回り品+1個と決められています。

大手航空会社の機内手荷物規定

100席以上の機体(JAL・ANA共通) 100席未満の機体(JAL・ANA共通)
サイズ 55×40×25㎝以内(合計115㎝以内) 45×35×20㎝以内(合計100㎝以内)
重量 10㎏以内
個数 身の回り品(ハンドバッグ・傘など)+1個

その他航空会社の機内手荷物規定

航空会社 サイズ 重量 個数
スカイマーク 55×40×25㎝以内
(合計115㎝以内)
10㎏ 身の回り品(ハンドバッグ・

傘など)+1個
ピーチ 55×40×25㎝以内
(合計115㎝以内)
10㎏
バニラエア 55×40×25㎝以内
(合計115㎝以内)
7㎏
ジェットスター 56×36×23㎝以内 7㎏(スタンダード)
ソラシドエア 55×40×25㎝以内
(合計115㎝以内)
10㎏

機内に持ち込めない手荷物とは

航空機の手荷物制限には3種類あります。機内持ち込みは可能で受託手荷物は不可のもの、機内持ち込みは不可で受託手荷物は可能なもの、そして機内持ち込み・受託手荷物ともに不可のものです。それぞれをわかりやすく表にまとめてみました。どの航空会社にも適用されます。

品目(種類)
機内持ち込み・受託ともに× ・引火性・毒ガス性を使用したスプレー
(キャンプ用ガス・カセットコンロ用ガス・スポーツ用・
殺虫剤など)
・液体物(ペイント類・漂白剤・毒物・ライター用燃料)
・火薬を使用したもの(花火・クラッカー)
機内持ち込み〇・受託× ・バッテリー
(モバイルバッテリー・リチウムイオン電池・電子タバ
コ・リチウム金属電池・液体バッテリー)
・ライター(ライター・マッチ類)
・発熱するもの(ヘアアイロン・水中ライト)
機内持ち込み×・受託〇 ・ナイフ・ハサミ類
・先の尖ったもの・バット類
・工具類

誤解されがちな以下の品目は、機内持ち込み手荷物にも受託手荷物にもすることができます。

品目 機内持ち込み・受託手荷物いずれもOK
化粧品類 ヘアケア・スキンケア・シェービングフォーム・入浴剤・マウスケ
ア・香水・洗剤・制汗スプレー・洗浄液・消臭剤
医薬品・医薬部外品 消炎鎮痛剤・虫刺され・かゆみ止め薬・虫よけ・殺菌・消毒剤
液体類 アルコール(※既定あり)・楽器用オイル
電池・バッテリー 乾電池・ニッケル水素電池・ニカド電池・リチウム金属電池(含有
量8g以下の携帯用医療電子機器)・一部燃料電池・液体バッテリー
その他 医療用酸素ボンベ・ガスシリンダー・車いす用ガススプリング、キ
ャンプ用カセットコンロ・電池式以外のヘアアイロンと半田ごて
・電球や蛍光灯など

アルコールについては、アルコール度数が24%以下のものは持ち込み・受託手荷物可能、アルコール度数が24~70%のものはひとり5リットル以下まで持ち込み・受託可能です。
70%を超えるものはいずれもできません。必ず小売販売されている容器に入れてパッキングするようにしましょう。

機内の手荷物収容ルール

どの航空会社でも、機内に持ち込んだ手荷物は座席上の共有収納棚、または座席の下へ適切に収納するようにしましょう。通路や非常口周辺などに手荷物を置くことは、緊急時に脱出できないこともあるので法律では禁止されています。また、前に座席がない席の場合、足元に手荷物を置くことはできません。手荷物を出し入れするときには、他の搭乗客に配慮するようにしましょう。

まとめ

機内持ち込み量が超えていた場合、受託手荷物に回さなければならないこともあるので、よく考えてパッキングしたいものです。上手にパッキングすることで、航空機内でも快適に過ごすことができるでしょう。これから航空券を探すという人は、フライトブックを利用してみてはいかがでしょうか。格安の航空券を見つけられる可能性が高いですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする