エアドゥでお得にトリップ!事前予約で格安航空券をゲットしよう!

エアドゥ,翼

大手航空会社と格安航空会社の中間に位置するエアドゥは北海道内の空港をはじめさまざまな空港に就航しています。これから北海道旅行を考えている人は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。今回は、初めてエアドゥを利用する人もよくわかる就航便やチケットの種類、注意点を紹介します。

エアドゥが就航する国内の主要空港

「北海道の翼」とうたっているエアドゥは、北海道内に多くの路線を展開しています。就航している空港と便数をまとめてみました。北海道内発、羽田空港行きの路線が圧倒的に多いことがわかります。

方面(1日の便数) 目的地(1日の就航便数)
新千歳(札幌) 羽田(11)・仙台神戸(各2)・名古屋(1)
旭川 羽田(3)
女満別 羽田(2)
釧路 羽田(2)
帯広 羽田(3)
函館 羽田(2)・中部(1)
羽田(東京) 新千歳(11)・旭川帯広(各3)・女満別釧路函館(各2)
仙台 新千歳(2)
中部(名古屋) 新千歳函館(各1)
神戸 新千歳(2)

エアドゥの運賃体系と販売時期

エアドゥには普通運賃以外にAIRDOとDOバリューの割引運賃があります。AIRDOは5種類があり、搭乗の75・55・45・28・21日前までに購入しなければなりません。予約時期が早ければ早いほど、割引率が高いようです。
DOバリューは搭乗の3または1日前までに購入する必要があり、やはり予約が早い方が割引率も高まります。

普通運賃 AIRDO DOバリュー
座席制限 なし あり あり
予約変更 不可 不可
有効期間 90日 予約便のみ 予約便のみ

航空券の発売日は券種によって異なります。AIRDOスペシャル75・55・45・28・21、DOバリュー3・1、特定便小児割引などの特定便は年2回のダイヤ期間ごとに発売されます。2018年4月現在、同年10月27日発までの航空券が販売されていて、それ以降の航空券は8月下旬以降に発表される予定です。
それ以外の航空券は、搭乗2カ月前の同一日9時30分から発売開始となります。

受託手荷物と機内持ち込み荷物について

エアドゥはLCC(格安航空会社)とは異なり、どの航空券種でも受託手荷物機内持ち込み荷物の制限は同じです。
受託手荷物は3辺の合計が203㎝以下で、1個当たりの重量は32㎏以下と決められています。そのうち20㎏までは無料ですが、それを超過した分は料金を支払う必要があります。
受託手荷物は出発の20分前までに空港カウンターに預けましょう。

機内持ち込み荷物は、手荷物の3辺の和が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)で重量が10kg以内のもの1個のみと決められています。これを超えるものは受託手荷物として空港カウンターに預けましょう。

エアドゥのサービスが気になる!

エアドゥでは北海道にこだわったフードサービスを提供しています。平日の新千歳~羽田便では、無料モーニングサービスとして手のひらサイズのまめパンをもらえるので、魅力的です。有料メニューには北海道産とうきびチャウダーやサッポロクラシック、はこだてわいん年輪があり、北海道の味覚を機内で楽しめるでしょう。

オーディオサービスでは北海道出身のタレントやアーティストによる音楽や観光情報を聞くことができます。機内には車いすや簡易筆談器、点字のしおりを用意し、お手伝いが必要なお客様にもサポートを行っているので、快適な空の旅を期待できるでしょう。盲導犬・聴導犬・介助犬は無料で機内に同伴できます。

まとめ

エアドゥは大手航空会社よりもリーズナブルですが、LCCよりもサービスや手荷物量の規定がゆるいため、利用しやすいといえるでしょう。フードサービスもあるため、往路から北海道気分を楽しめそうですね。これからエアドゥで航空券を取りたいと考えている人は、フライトブックを利用してみてはいかがでしょうか。お得な航空券をゲットできる可能性が高いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする